2012/08/03

夜の神様、昼の神様


2012年1月29日、韓国・ソウルの天福宮の日曜礼拝で文亨進様が語られた内容をもとに、私が理解したことを交えて書きました。このメッセージの中で亨進様は、「お父様が『夜の神様、昼の神様』という驚くべきみ言を下さっていますが、このみ言を聞いて、私たちは混乱することが多くあります。・・・私たちは三位一体神学で『超越的な神様』について研究します。これは全ての宇宙と時間空間を創造する前の神様に対するものです。・・・お父様が夜の神様について語られるときは、この神様について語っていらっしゃるのでした。超越的な神様として全ての万物を創造なさる前、時間と空間が始まる無の状態、夜の暗闇の状態での見えない神様が『夜の神様』であられるのです。そして、有の状態、歴史が始まって、時間と空間を創造した後の動きの神様、摂理の神様と呼ぶことができるその存在がすなわち「昼の神様」なのです。お父様が語られるには、夜の神様は男性であり、昼の神様は女性だと語っておられませんか ? それで、さらに混乱させられます。」と語っておられます。

結論的にはこの中に全てがあると思います。最初に亨進様のメッセージを読んだ時には、私は言葉の上でしか理解できませんでした。しかし、その後時間がたつにつれて、ますます「昼の神様」が気になって来たのです。何回もメッセージを読み直しました。そして、教会の指導者がこのことに関してお父様に尋ねた時、お父様は「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」の講演文の原稿をお持ちになって「この中にすべてある。この者 !」と大声でどなられたこと、そしてまたある時には「私は夜の神様の管理を受け、あなたたちは昼の神様の管理を受けるのだ」と語られ、「私は夜の神様から出て来た」と語られたことを知りました。亨進様も「原理」では明らかに「メシヤは人間である」と説明しているのに、お父様は「生きておられる神様」というみ言を語られるといって、狂うほどに悩んだと言われています。このあと、亨進様はお父様について、「存在論的に夜の神様から出て来られたために、私たちには希望があります。」と語っておられます。

しかし、私はこの後、さらに昼の神様のことが気になってしかたありませんでした。「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のみ言も読み直しました。「この中にすべてある」とはどういう意味だろうと考えたからです。私はこの中に昼の神様に関して説明があると思ったのでした。しかし、それは間違いだと気付きました。何回か読んで、たしかにこのみ言の中に全てがある・・・そう思った時に「あなた達は昼の神様の管理をうける。」と語られたことに気付きました。「聞くだけでなく、読むだけでなく、このみ言を実行しなさい。」と言っておられるのだと気付きました。私はお父様が言われたことは全てそのようになるのだと思っているところがありました。そうではないのです !実行するのは昼の神様のもとにある私達ではないかと思います。このことは特に昼の神様という言葉を出さなくても、以前から知っていたことだと言う人もいると思います。しかし、ここは大きく違うと私は考えています。ここでお父様が昼の神様というみ言を語られたのには重要な意味があると思います。あえて「神様」と言われる理由があると思うのです。しかも、お父様ご自身は夜の神様から出て来られたのです。

私は数日間、このことを考え続けていました。誤解を恐れずに言えば、こんなことも考えました。お父様は語られたことに対して責任ないのだ、どうしようもないのではないかと考えました。そこで一つ、大きな問題に気付きました。それは、我々は昼の神様の管理にあるのに、今まで夜の神様の管理のもとにあるように考えていたということです。これは衝撃的でした。考えれば考えるほど、後から後から今までの自分の間違いに気付いたのです。

人間が堕落したから神様が夜の神様と昼の神様に別れたのではないかと言う人がいますが、私はそうではないと思います。何か神様が2人いるようで落ち着かない気持は理解できます。いつかこの昼の神様という言葉が別の表現になるかもしれませんが、今はこれ以外に考えられないことは確かです。

私は「命」が昼の神様そのものだと思います。生きているということが昼の神様そのものだと思います。亨進様は「有の状態、歴史が始まって、時間と空間を創造した後の動きの神様、摂理の神様と呼ぶことができるその存在がすなわち「昼の神様」なのです。」と言っておられます。有の状態、すなわち「命」が誕生した状態を言うのだと思います。

では、「命」とはどのようなものでしょうか。人間の身体は、動作や全身の感覚、呼吸、体温、代謝などを調節する神経系、ホルモンによって体内の恒常性を調節する内分泌系、そしてウィルスや細菌などの外敵が体内に侵入して来た時にそれらを駆逐する免疫系の三つの系の働きによって正常に機能しています。これらは「命のトライアングル」と言われています。最近、この方面の研究が進み、「命」について多くのことが分かって来ました。私達は昼の神様である「命」のことをもっとよく知る必要があると思います。私達が夜の神様のことしか考えないようでは、私達の「命」は本来の働きをすることが出来ない場合があるのです。

夜の神様と昼の神様の最大の特徴は、夜の神様は「唯一絶対」であり、昼の神様は「愛」であり「慈悲」だと思います。慈悲とは「慈しみ」と「あわれみ」の合わさったものです。すなわち、相手の幸福を願う心と、相手を苦しみから解放してやりたいと願う心の合わさったものです。私達はよく愛は唯一絶対だと考えますが、これには問題があると私は思います。その理由は「愛」は昼の神様の管理のもとにあると思うからです。これは大変大切なことです。なぜ仏教が「愛」という表現を使わないのか、ここにその理由があるように思います。「愛」はどうしても唯一絶対の愛という考えが入りやすいのです。分かりやすく言えば「愛着」になりやすいのです。仏教は神様を知らないとよく言われますが、いま私は、仏教は昼の神様の管理のもとにあったのだと気付きました。では、夜の神様には愛がないのか、と言わないで下さい。それが言いたいのではなく、最大の特徴として話しているのです。

では、昼の神様の「愛」とはどのようなものでしょうか。唯一絶対でないとしたら何が愛の属性なのでしょうか。私は「寛容」だと思います。なぜなら、「寛容」は「命」の本質だからです。最近の研究によってこのことが明らかになりました。命のシステムは唯一絶対の厳密な構造ではないのです。「寛容な愛」が昼の神様の愛だと思います。お父様のみ言の中に夜の神様は男性で昼の神様は女性だとあります。このことを意味しているのではないでしょうか。夜の神様も昼の神様も愛の神様なのです。そして、夜の神様は唯一絶対の愛の神様であり、昼の神様は寛容な愛の神様だと思います。

ここまでの説明で、理論的な話はほぼ全て話しました。では、昼の神様の管理を受けている私達は、具体的にどのようにするべきでしょうか。また、どのようにするべきだったのでしょうか。

もう一度、命のトライアングルを思い出して下さい。神経系、内分泌系、免疫系です。脳は神経系のトップに位置します。しかし、脳が夜の神様やお父様だと考えないで下さい。これが昼の神様の具体的な姿だと思います。個人から家庭、組織、社会、国家など全てがこの命のトライアングルの仕組通りに動けば良いのです。

私は医学の専門家でもないし、経済学、社会学、政治学の専門家でもありません。家庭においても父親失格だと自覚しています。ですから、ここから先はあまり参考にはならないかも知れません。ただ、話の続きとして見て頂くとうれしいです。

神経系は一般的には情報システムのようなものかも知れません。内分泌系は物質的な側面からは経済システムかも知れません。そして、この内分泌系には何か精神的な側面があるようにも思います。喜びとか悲しみとかそうした感情も含まれるような気がします。免疫系は政治システムのようなものでしょう。極端な例は戦争なども含むと思います。これらが昼の神様の願いのごとくに動けば良いのです。

個人や家庭においては、互いに楽しく会話しながら、おいしく食事をしていれば、身体も健康になると言うことです。組織もスムーズな連絡と必要な財産があればうまく行くということです。社会や国においても同じです。しかし、ここで問題なのは、そうは簡単に行かないと言うことです。個人や家庭、社会、国家、世界においては問題が沢山あると言うのです。実は、身体の中も同じです。一見健康に見えても身体の中ではこのトライアングルは大変に複雑な働きをしているのです。そして、それは「寛容」をキーワードにして動いているのです。その代表は免疫系です。なぜなら、免疫系は問題解決の主役だからです。

ですから、問題解決の方法は免疫系に習うべきです。また、免疫系を援助している神経系、内分泌系の働きに習うべきです。まずは、免疫系の働きを知ることが大切だと思います。免疫とは「自己」と「非自己」とを分けることから始まります。では、免疫系にとって「自己」とは何でしょうか。私達の世界においても問題はたいがい「自己」と「非自己」の関係から始まります。そして自己主張、権利の主張が争いの中心になります。

詳しいことは免疫学者に聞くとして、私が知る限りでは免疫系にとっての「自己」とは脳からの指示ではないと言うことです。すなわち、言われてやっているのではないと言うことです。免疫系が自主的にやっているのです。しかも、「自己」と「非自己」との間は大変にあいまいだと言うのです。言い換えると、外から来たものに対して全面攻撃はしないと言うのです。ようするに寛容なのです。そんなことで身体の健康が守れるのかと思いますが、その方が健康に良いと言うのです。少しくらい不潔な方が元気だと言うのです。免疫系に支障があって全面攻撃するようになると、アレルギーや、それが脳にまで行くとアルツハイマー病になるのです。

私達は、自分自身に対しても寛容な愛で望むべきです。それは唯一絶対の基準に反すると言うことではなくて、そうすることが「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のみ言を実行することにつながるのだと思います。ですから、お父様が、昼の神様について「この中にすべてある。」と言われたのだと思います。

昼の神様の管理を受けている私達が、もし夜の神様しか考えられないとしたら、私は、2つの大きな問題が生じると考えています。一つは生きている間に偽善者になりやすいこと、もう一つは、自然な死を迎えることが出来ないのではないかと言うことです。このような話を書いている私自身が、昼の神様を知らない人生を歩んだものとして過去に申し訳ない思いを残しています。

では、どうすれば良いでしょうか。亨進様は「はげ頭と苺」という本を書いておられます。私は、昼の神様の話を知る前にこの本に出会いました。そして、多くのことを学びました。ここでその全てをお話することは出来ませんが、一つ、昼の神様の考えと深くつながる考え方があります。

それは、本の題名でもある「苺」です。私はこの「苺」が何を意味するのか考えました。そして、それは「いま生きていることを感謝する」ということだと理解しています。この「いま」ということは大切です。昼の神様は「いま」の神様ではないかと思います。過去でもなく、未来でもないのです。私は、この本と出会い、「苺」を食べて再出発することを決意しました。

昼の神様に管理される者として、もう一つ大切なことは死に関することだと思います。私は、多くの癌患者の最後を看取って来た、鳥取県の「野の花診療所」の徳永進氏の話を聞いたことがあります。死が近くなると自分でなんとなく分かる、と言ってました。体がその人に教えるのだそうです。そして、死の直前まで笑いのある死、それが自然な死なのだと徳永氏は言いました。その時、徳永氏は命は死ぬ力を持っているとも言いました。そして、命は本当に不思議だと・・・。

誰もが必ず死にます。死を予感してじたばたせずに笑って自然な死を迎えることは本当に大切なことです。それが昼の神様を信じることであり、夜の神様につながるのではないでしょうか。


2012/07/27

忠和研究所の懇談会

今回は、忠和研究所の懇談会について報告致します。
下記の通り、案内状とプログラムが発行され、会場には立派な横断幕がかけられました。
まず、この会を設けて下さった趙 虎雄霊界研究会長はじめ、参席いただいた教授方々に心から感謝申し上げます。

(趙霊界研究会長)

忠和研究所
神村所長招待懇談会案内
「忠和研究所」は文総裁から神村所長に霊界と通信する機械を作るよう指示され、揮毫を賜った研究所の名前です。神村所長は(鮮文大学)教会において個人で研究をしています。その間の研究の内容を下記の通り発表します。多数の参席をお願いします。
日時 2012.7.3(火)午後3時
場所 本館604号室(最高指導者コースセミナー室)
霊界研究会長 趙 虎雄




「プログラム」
挨  拶  趙 虎雄霊界研究会長
特  講  神村所長
質疑応答  一同
食  事  本館5階 一同


1.経過報告

2.質疑応答

3.記念撮影

1.経過報告
(忠和研究所所長 神村東)
文総裁から最初に「霊界通信機を開発しなさい」と言われたのは、1993年、今から19年ほど前になります。それから3年後の1996年、ウルグアイのプンタデルエステという海岸で、「霊界は人の心が感じるものであって、装置は出来ないのではないでしょうか」と文総裁に聞きました。その時、文総裁は「装置は出来る、永久機関も出来るんだよ」と言われました。しかし、やはりそれは難しいのではないかと思って、しばらくはこのことから離れていました。ところが、今でも記憶していますが、それからさらに3年後の1999年の10月10日に、何が何でもやらなければならないという気持が急に強くなりました。装置を作りながらも疑う思いは出てくるのですが、霊界からは「とにかく作れ、余計なことを心配するな、お前が作れば、使うのは霊界に任せろ」という思いがどこからか出てくるのでした。1999年11月8日に出来上がった装置を持って、清平まで運びました。そして国際会議の場で、文総裁ご夫妻と世界の指導者の先生方の前で実験しました。今から思えば大変、恥ずかしいような装置なのですが、その時はただ夢中でした。結果は失敗でした。何の反応もありませんでした。その時、文総裁は私に、何か話せと言われました。私は、1996年にプンタデルエステの海岸で、文総裁から「装置は出来る」と言われたこと、しかし、それ以来、疑う気持が強くて何もしなかったこと、しかし、今回は、霊界から「おまえは何が何でも作れ、使うのは霊界だ」と霊界から強く言われたように感じたので開発しましたと報告しました。すると、文総裁は、前に座っていた先生方に向かって、「何が何でも」と3回言えと言われました。先生方は日本語で「何が何でも」と大きな声で3回言われました。


実験は失敗して、「何が何でもと」と言っていた気持は消えてしまいました。恥ずかしくて隠れてしまいたい気持でした。しかし、1999年11月27日に「勇気を持って御父母様の所へ行きなさい」という大母様のお言葉に押し出されるようにして、夫婦で漢南洞公館へ御父母様をたずねました。まったく行き詰まっていた私は、お父様から装置の作り方を聞くつもりでした。夕食のあと、お父様は「劉先生から聞いているよ。まだ雑音しか聞こえないと言うじゃないの。君の方が専門なんだから先生に聞く必要はないじゃないの」と言われました。「今はあまり宣伝しないでやりなさい。日本で君をバックアップする体制を組んでやるように。大衆に公認される者になりなさい。1回や2回の失敗で倒れたらおしまいだ。1年、10年とやる。先生も40年の摂理の道がある。」と言われました。私は、お忙しいお父様の前に心の準備もないままで来たことに対して、反省の気持で一杯になっていました。部屋を出て、玄関へ向かう時に、振り返りました。ドアの間からお父様が私達の方を見ておられました。「大丈夫かな」と思って見ておられるように感じました。漢南洞公館を出たのは午後8時くらいでした。

その時にお父様から受けた気持の意味は翌日になって分かりました。翌日の28日に、初代鮮文大学総長の尹世元先生と共に、鮮文大学の金英順先生を訪問しました。金英順先生との出会いは驚くべきものでした。自己紹介が終わるとすぐに、「尹世元先生から頼まれて、私は3日間精誠を込めて祈りました。すると、神様と興進様と李相憲先生から神村さんに対するお手紙を頂きました」と言われました。尹世元先生の通訳でその内容を聞きながら、私は全身に感動の波が走りました。金英順先生がこの3通の手紙を受け取られた時間が、ちょうど漢南洞公館でお父様にお会いしていた時ではないかと感じました。金英順先生は「このように興進様からお手紙を頂くのは珍しいことです。また、神様からもいただいたので本当に驚きました」と言われました。この時、金英順先生は、「霊界通信の実験は霊界の誰かにサイクルを合わせるのでなく、神様に直接合わせなさい」と言われました。

その後、2000年4月25日に、第46回世界キリスト教統一心霊協会創立記念日の本部礼拝の席で、お父様の直筆の「忠和研究所」と書かれた色紙を頂きました。その時の日本の劉総会長様は「忠和」の意味を「神様と御父母様を中心とした天地和合」と語られました。

その後、いろいろな路程を通りながら、今日ここにおります。すでに10年以上になりますが、特に発展もない状態が続いています。しかし、いま考えていることを簡単に報告させて頂きます。

「今後の展望と課題」

霊界通信機を考える場合、霊界との接点を考える必要があると思います。ここで機械のことを考える前に人間の場合について、まず考えてみたいと思います。人の場合は、具体的にはどこで霊界と接しているのでしょうか。どこで霊界とつながっているのでしょうか。頭でしょうか。心でしょうか…。では心はどこにあるのでしょうか。やはり、頭で接しているのでしょうか。

私は、いろいろと研究した結果として、細胞一つ一つが霊界と接していると考えています。頭の先から足の先まで、髪の毛から足の爪まで、全ての細胞が霊界と密接につながっていると考えています。皆さんは細胞と聞くと小さいものを考えるかも知れませんが、細胞はまさに小宇宙なのです。具体的には霊界からある種のエネルギーを受けていると考えています。それがどのようなエネルギーなのか、そして、私たちはそのエネルギーをどのようにして取り入れることが出来るのか。これは研究中の考えであって決して結論ではありませんが、私が考えていることを少しお話したいと思います。

全身の細胞が霊界とつながっていると言うことは、大変重要な意味があると思います。具体的には人の健康と密接な関係があるということです。霊界という言葉こそ使われていませんが、今日、このことは分子生物学の最先端の研究があきらかにしています。そして医学に応用される日も遠くありません。

では、どのようにすれば霊界のエネルギーを正しく取り入れることができるでしょうか。私は、意識が大きな働きをしていると考えています。「意識する」ということは大変不思議な働きだと思います。しかも、自分で気付いている「意識」の世界は、氷山で言えば、水面より上の部分であって、水面下に隠れている部分、すなわち、無意識の方が大きいのです。私は、強く意識することによって霊界のエネルギーを取り入れることが出来るのだと思います。そして、そのエネルギーは細胞の中で具体的な物質の動きとなって、私たちの命を支えているのだと思います。命だけでなく、思考から感情まで全てに関わっているのだと思います。「笑い」、「思い」、「愛」これらは全て意識の世界に属します。「怒り」、「憎しみ」、「恨み」などもそうですが、これは悪い結果を及ぼします。

ここで、詳しく説明することは出来ませんが、人の意識が細胞の働きに大きく影響していることが最先端の科学によって明らかになっています。意識の力は人によって大きく違うようです。しかも、本人すら自分の意識の力を知らないのです。おそらく、霊的な人というのは、人より意識する力が強いのだと思います。そして、ただ漠然と「意識する力」というのでなく、何かに集中する能力を持っているのだと思います。これは誰でも訓練すれば可能だと思います。ただ、その訓練の方法がまだよく分かってないのです。特に、現代人は生活が表面的になってしまって、深く意識することが下手になっていると思います。
さて、人の場合はそのように直接霊界と通信することが可能ですが、はたして、霊界と通信することが出来る電子装置を作ることは可能でしょうか。人間の働きを電子装置に置き換えることが可能でしょうか。
私は、それが不可能だとは思いませんが、もう一つ別の方法があると考えています。そは、霊界の人に協力してもらうことです。例えば、電子装置を作るのは我々だとしても、それを使うのは霊界の人だということです。分かりやすく言えば、非常に軽いキーボードを作れば、霊界の人が訓練して使ってくれるかも知れません。そうすれば、コンピュータを使って霊界と通信できると言うことになります。これは大変無責任な考えのようですが、うまく行けば、霊界通信の一番の近道かも知れません。キーボード以外にも、霊界の人が使いやすいものを探す必要があります。霊界の人によく聞いて、作れば良いのです。そのためには、環境作りが大切だと思います。霊界から、いろいろと話を聞く事が出来る環境が必要です。一緒に研究開発する場所が必要です。霊界と強い協力関係を築くことが大切です。その為の組織作りが出来ると良いと考えています。


2.討論の内容
(所長と通訳の横井氏)


Q1 お父様が「永久機関も出来る」と言われた意味について
              (A)  霊界には無限のエネルギーが存在するという意味だと思う。

Q2 霊界との接点に関して
 (A)  やはり、「心」とか「頭」とかいろいろ意見が出た。しかし、細胞一つ一つにおいて霊界と接しているということに関して強い関心を持っていた。統一思想の観点からも「心」はけっして「頭」にあるものではないので、そういう意味でも霊界との接点に関して考えることは大切だという認識で一致した。

Q3 霊界のエネルギーに関して
 (A)  霊界のエネルギーとは具体的に何か、いろいろと意見が出た。愛とか万有原力とかのアイデアが出た。

Q4 意識することの大切さに関して
 (A)  消極的な意識でなく、積極的な意識、暗い意識でなく明るい意識をもつことの大切さに関して話し合った。意識が遺伝子の発現に影響する事実などに関して説明した。

Q5 霊界通信機に関して
(A)  霊界の協力を得ることが出来れば通信機の開発が可能か…と言う質問があった。可能だと言う意見と、霊的能力のある人でなければ難しいという意見があった。やはり、両方ともそれぞれ正しい点があると思う。