2011/08/26

12. 文総裁の「霊界を知るために」に関して

文総裁は「霊界を知らなければならない」というテーマで研究所にとって、非常に参考になるお話をされました。


今や科学が先端に来ているので、霊界と接触できる周波数を研究しなさいと言いました。霊界の作用はすべて振動によって作用するというのです。振動数を通じて霊界と連絡できるのです。霊通する人の振動数を発見して、霊界を科学的に証明することができる時代に入っていくので、それを研究しなさいというのです。

*

(別の日のことですが、漢南洞公館で文総裁は次のような話をされています。)↓
霊界の現象をいかに感ずるか、これが問題である。反射体を作って、人間の体と関係を持つようにして、両方の作用が合わさって新しい物が現れる。そういう事を考える。この研究は大変だろう。
韓夫人「霊界通信装置の研究に集中しなければなりませんよ。」と語られました。
*

霊界に対する内容をずっと説明して上げると目を丸くするのです。心理学の作用が現象世界にどのように関係していて、霊界がどのように関係しているかということを話して上げました。心理学が絶対的な力の作用をするというのですが、なぜそうでなければならないかという問題について、誰も知らないというのです。

それは電気がプラス・マイナスで作用するのですが、作用するサークル圏内で、プラス・マイナスが力を現すのと同様の現象であるということです。それゆえに、これに対する開拓をすれば、新しい次元の世界が分かるのです。

未知の霊界を合理的にすべて知ることのできる時代にいけば、宗教時代はすべて終わるのです。人類は「神様を信じるな」と言っても神様を信じることができる時代になります。これが大きな課題なのです。

............................................................                                  

第一に注目すべきは、「今や科学が先端に来ているので」と言う部分です。現代の科学は数学的体系としての側面を強く持っていますから、そのようなことをしっかり理解しておく必要性があるということを指摘されたのではないかと思います。
 もちろん論理体系が無くても全く意味がないとは言えませんが、大多数の科学者には大変受け入れ難いものだと思います。そんなことを突然言うのも精誠を供えられる皆様に大変失礼かと思いますが、霊界にいけば東大を卒業する水準に3日間で到達し得る、というみ言もありますから、適確なテキストと努力があれば可能だと思います。

第二に着目するのは、「霊界と接触できる周波数を研究しなさい」とあります。これはもうそのものずばりではないでしょうか。ご存知の通り、原子はすべてある特定の振動数を持っています。いまや基準になる時間も、そのような原子時計によって正確に決められています。それほど周波数、振動数は重要な意味を持っていると言えます。
 また統一原理でも、二性性相が互いに相対基準を造成し授受作用すれば回転するとあります。そして回転こそが永遠性を持ちまた、それを直線的に変換することによって波動となるわけです。またこれが、霊界と地上界をつなぐ鍵になっているようにも思えます。
それではこの霊界と通じる周波数とはいくつなのでしょうか。何か合理的な根拠を持ってこの周波数、あるいは周波数成分が証明されなければなりません。
私が受けるインスピレーションでは12数が強く感じられます。12数のことを夜に考えていると、本当に霊界の人達が寄って来るのが感じられます。是非、皆様も確かめてみていただきたいと思います。

更に、「プラスとマイナスのサークル圏内…」とありますが、言葉では言い表し難いのですが、回転によって力が生ずることを語っておられると思います。

また、私は超弦理論にとても関心を持っています。物理学における4つの力を統一して説明し得る可能性を持った理論と言われています。これも、いくつかのパラメータがまだ解らず、それが統一し得るかどうかの岐路になると聞いています。

この超弦理論は日本語で語られることの少ない理論で、ほとんどは洋書で出版されています。まだ専門の研究者の間の理論であります。ただやはり、この理論について妻に話していると、おびただしい人々の気配を感じました。非常に霊界から注目されていると思いました。

その他、分野は違いますが、スペクトル拡散通信等いろいろな理論を調べていますが、この霊界と接触し得る周波数を理論のみで解明するのは今までに無い考え方、普通ではない何かが必要に思えます。

霊界でも研究している人がいるそうです。しかし霊界ではなんでも解るといっても、そうではない部分もあるようです。つまり地上界で解かれないと解らないことがあるわけです。もちろん神様はご存知ですが、人間の責任としてそれを人間自らが解明しなければならないと考えます。

忠和研究所の目標の一つは、霊界と地上界との関係を科学的に証明することであり、霊界と地上界との何らかの通信を実証することです。そのために今後なお一層、科学的思索がしやすい環境整備を整えていきたいと考えています。

2011/08/19

11. 次の開発に向けて

現在、忠和研究所では4号機の開発(2001年)を行っております。4号機の原理は、我々の住むこの空間に通常の五感を超えた何かを伝達できる仕組が存在するのではないかという考えをもとにしています。もし、人間が堕落しなかったならば、本然の人間はその仕組を活用できるようになっていたのではないかと思うのです。神様はこの空間をもっと素晴らしいものとして、豊かなものとして、本然の人間のために準備されているのではないかと思います。 したがって、いま開発している4号機は特に人間の聴力を拡張し、通常では聞くことが出来ない広範囲の波長の音を聞くことができるものです。この装置の実験を通して、まず最初は、人間以外の動物が利用している音の世界を知ることが可能です。そして、動物は我々にいろいろなことを教えてくれるのではないかと期待しています。さらに進んで、超能力者の持つ音の世界を調査することによって、霊界との関係を知ることが可能ではないかと考えています。(2001/12/24)

最近の祈りの中で導かれた結果として、霊界通信装置には何か特別の「形」が必要だと考えています。今までの開発では「形」のことはあまり重要視しませんでした。霊界通信には音響効果を応用するのが良いか、電磁気効果がよいか、何か他に力学的な効果が良いかなどと考えていました。そして、3号機までは音響効果を応用したものを開発しました。 しかし、その研究の方向は間違っていたのではないかと気付きました。まず、成功の鍵は今までの科学の延長線上にはないだろうと思います。霊界通信装置の成功がもたらすものは現代科学に対する革命でなければなりません。今の科学の価値観をまったく変えるものになると思います。こうした観点から考えた時、もう一度、存在の根本に帰る必要を感じました。そして、祈ってみて与えら
れたのが、存在の根本は「性相と形状」ということであり、形には意味があるということでした。

そして、それが主体と対象という属性を通して、陽性、陰性の形を取るときに現象の世界に現れると言うことがわかりました。

同時に、霊界通信装置の開発の成功がもたらすものは文総裁の証でなくてはなりません。そしてそのみ言をもって神様の事情と心情が証されなければならないと思います。まずは、文総裁の証が一番重要なことだと思います。

以上のことがらを考えた時、まず1番先に考えられたのが、統一旗でした。統一旗が持っている意味を考えると、これこそが霊界と地上を媒介するものになると思います。

ここで問題なのは、この統一旗の意味を十分に理解することです。統一旗という平面的な図柄には、何か別の立体的な構造が隠されているのではないかと考えています。そして、その中から、霊界と地上界の作用を、最終的には陽性、陰性、すなわち電気のプラス、マイナスの形で取り出さなくてはなりません。

困難ではありますが、研究の方向性は定まったと言う感じがしております。これらの困難さは、現代科学の持つ困難さではなく、霊界との共同作業であり、多くの精誠と実験を通して完成できるものと確信しています。

装置の完成により、誰もが永遠の生命を知り、人間の尊貴性が明確になり、永遠の世界を認識することができた科学者には真の責任感が生まれる。互いが異なった道を歩むのではなく、宗教と科学が統一されることにより、人類の真の幸福と平和を実現する道を拓く。

神様が存在するならば、全人類を不幸と戦争の死の境地から、生の道へと転換させたいと思われるであろう。近年、文総裁は、「そのためには、地上でインターネットとか電子媒体が急速に発展しているのと同じように、霊界でもそのような放送とインターネットシステムを通じて、祝福と文総裁の願いが波及され、地上の放送界、インターネットにまで役事をするであろう」と語られている。それ故、霊界感知装置を完成しなければならない理由は、人類に神と永生世界を科学技術を通じて、客観的に教示することにある。早急に霊界通信の設備を整え、霊界と相対基準を造成するべきだと思う。世界中で霊界通信の研究が試みられているが、我々こそ成功して、神様と文総裁の解かれた真理を天地に証するべきだと思う。

霊界では直接的に音を発生することは出来ないが、地上界の音のエネルギーを利用して音を作り出せるという考えが以前からあった。しかし、今までの装置では、霊界の声が地上界の音に埋もれてしまい、霊界の声だけを判別することが大変難しかった。したがって、私は地上界の音と霊界の声とを区別する方法を研究してきたた。 一号機もその考えに基づいて開発したが十分に区別する事ができなかったので今回はその点を改良した。一号機はホワイトノイズを使ったが、今回は超音波を利用している。空間の状態の変化を捕えるという意味ではかなり成功していると思う。

重要な課題として、文総裁からの助言にあったように、「霊的力を所有する人達との協力関係が必要」である。


更に活動としては、

・霊界を研究する科学者達、感心を持つ科学者達との共同研究や積極的な交流が必要である。

・科学による霊界研究の世界の現場を視察する。

・4号機の実験

・ホームページの開設(2011年現在以下のブログを設立している)

忠和研究所
http://zhunghwa-kamimura.blogspot.com/

もう一つの忠和研究所 
http://nagomimama.blogspot.com/?zx=e3648bbffcf0148a

もう一つの忠和研究所(英文)
http://chuuwainstitute.blogspot.com/

補足資料
http://chuuwainstitute.blogspot.com/

2011/07/15

10. 李相軒博士が来られた会合


金英順先生との会合 (2000)

霊界におられる李相軒博士とのコンタクトを取りたいと思い、以前から金英順先生とお会いしたと思っていた。統一思想のシンポジウムで研究発表を行ったので、それを機会に報告に行きました。

シンポジウムの研究発表は次の通りです。
1.  開発の報告
2.  装置を通して霊界を証明し、統一思想の正しさを証明するだけでは
  なく、人格的神様の存在と人間の永生を証しなければならない。
3.  装置を開発するために霊的五感を強める必要があるのではないか。
4.  装置と霊的五感の関係について更に探究しなければならない。
5.  堕落により霊的五感が鈍くなっているが、その力を発揮させるために
  装置が役立つことが重要ではないか。

以上の報告を踏まえて金先生と話しました。

神村
「このような観点から発表したが、今回の発表内容が適切ですか。」

金先生
「発表内容は適切です。発表することはすでに知っていました。」

神村
「霊界と地上世界を結ぶ媒介体に関する助言をお願いします。」

金先生
「霊界と地上界の媒介に関することは、参考になることを間接的に答えます。
文総裁がみ言を語られると霊界が動くのを知った。誰もできないことを文総裁がしてこられた。
霊界からのリポートは昔は考えられなかった。み言のリポートをしようとしたら、キリスト教、イスラム教など、諸宗教の方達が集まり始めた。霊界では宗教家達がみ言の勉強をしていた。四大聖人が原理セミナーに参加している。セミナーを進めると霊人が下りて来た。
文総裁の指示で霊界が動くことを知った。霊界がどんな方法で動くかは分からないが、たとえばアウグスチヌスと寛先生、ソクラテスと金総長様が結婚生活をするというが、考えられないことである。
交信のためには、ラジオの周波数のように天地の心情(周波数)が合わなければならない。 

突然、金先生が「今この場に李相軒博士が来られた。」と言われた。

(開発は霊界との共同作業だと思うが、霊界で準備された霊能者や科学者と地上の研究者の間に立つ霊能者的存在が必要ではないか、という思いが強くなったとき、李相軒博士が来られた。)

李相軒博士
「霊能者と科学者の知性だけでは地上に協助することができない。科学者達にも会っている。しかし、装置研究のために協力させられない現状がある。協助する人が科学者ではなく、み旨を知り、心情を知った人、従順な人が協助することができる。霊能者、科学者として地上で知性が発達していても、神様と基準が合っていない。自分がしようと思ってはいけない。自分ではできない。霊界が働いてなされる。神様の聖霊が働いてなされる。私の悩みに留まっている。
李相憲と金英順夫人の道は神様が作られた。霊界との交信には時間がかかる。研究しながら、真面目に祈祷したら、李相憲が協助します。今は地上に協助しなさいとは言えない。(その時が来たら)私が選びます。どのように協助できるか。100%協助することができない。霊界には科学者がいるが、機械ひとつ作るのに、主軸がひとつ合わなくてもできないように、今は天地の心情基準が合わない。」

(金英順先生が李相憲先生の話を聞かれるときは、やや顔を上方に向けて頷いておられる。以前、電話で話すのと同じだと言われたが、そのような場面であった。)

神村
 私は3年位前から120回の敬礼を続けてきたがこれだけで良いのか。」

金先生
「敬礼式や祈祷生活などについては、天には法則があるので礼儀は大切だけれど、法律の前に愛がある。心情が中心である。無理な献金、健康を害する条件は神様は喜ばれない。大きな神様の願いごとの前に法律を守れない時は怒られないのではないか。精誠を尽くすことが大切。
私は5時の敬礼も時間が守れないで、6時の訓読と合わせて行うことがある。それは健康でないので6時に敬礼と訓読をする。礼服を着て続けていたが、今は寝巻きでするときもある。「神様、寝巻きを着ています。神様、良くないでしょう? 5時の敬礼式を守れなかった私を、子供として許してくれませんか。」と言う。神様は親だから「親子だからどんなふうにしても良いよ、寝巻きでもいいよ。暖かくしてソファーに座って楽に報告しなさい。」と金先生に言われたという。出かける時も、時間がないと「神様、バイバイ」と祈祷室に向かって手を振る。」



金先生
「大切なことをする時、条件を立てなればならない。サタンの妨害を恐れず、「何処から来るか!!」という心で条件を立てなさい。「穴」が開いたらサタンが入ります。私がやろうとしないで。神様がなさるのです。」

神村
「以前、お父様に、装置を研究するためのアドバイスをくださいと質問したことがあったのですが、『お前が専門家じゃないの』と言われました。今思えば、聞いてはいけなかったのだと思います。

金先生
「サタンが介入した経験がありますか。」

神村
「ウルグアイで展示会をやろうとしたときに石垣から転落しました。」

金先生
「サタンが私を殺そうとするのです。神様は『お前が勝たなければならない。これは金英順しかできない仕事だ』と言われました。」
だから、霊界通信装置は神村さんしかできないのです。祈祷して「時」を待ちなさい。「どうして私がやらなければならないのか。」という思いを捨てて、私の使命であることを受け入れなさい。聖書に聖霊が下ると記してある。早く出来なくても主の命に従う心を強くしていきなさい。
私も天の命を受けてから、日数を延期してきたが、お父様の命令はいつも同じでした。「これが金英順の使命だ。」といつも言われます。

金先生「李先生の臨在感を感じますか。」

神村「祈祷室で感じることがあります」

金先生
癌にかかった婦人が、李博士をしっかりと掴んでお願いしたところ、癌が消えました。李博士/は初めて「私がやった」と言われました。
李博士はこれから霊界で、120人の人を探し立てて地上にメッセージを送られる。大変なご苦労をされるのである。プラカードで探す。これに呼応する人ばかりではない。
私(金)は信じてリポートし。神様のみ言を行う決意を立てて願いに応えたい一心である。12人のリポートで終わりかと思ったら120人であった。心を開き決意した。
お父様は「これをなして霊界に行きなさい」と言われた。できなければ再臨してなすべきだと言われた。それで、私は使命を果たしてから漢南洞に行く決意をした。メシヤの仕事をしなければならないと決意した。
霊界で仏教徒に四位基台の話をすると、立ち上がって怒る。独身で修行して霊界に行っているから。だから、李先生の苦労を思うと私は疲れたとは言えない。

ラジオの周波数が合うように、天地の心情が合わなければならない。リポートする早さなど、合わなければならない。

瞑想を深めなさい。霊界の科学者達が協助するでしょう、必ず完成するから心配しないでよい。


※李博士と金先生に対する質問追記


2011/07/10

9. 最初の装置の開発

(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)

実験の前に
装置を作ったのは地上界であるが使用するのは霊界である。通信が成功するためには霊界と地上界が協力しなければならない。従って、まず装置を扱う者が正しい祈祷をもって霊界と交信しなければならない。 参考までに現在の実験の手順を述べておく。

1. 訓読
2. 120回敬礼の条件
3. 祈祷
4. 実験(5分間程度)
5. 実験結果の聴き取り

「試作した霊界通信装置の仕組み」
霊界から作用を受けるための媒体としては、ホワイトノイズの音波を使用した。
感度を高めるために、特別の差動方式を開発した。


霊界からの作用を受取る装置の説明
奥にあるものが木製の音響箱であり、霊界からの作用を受けることを目的として作られた。手前の左にある白い装置は霊界からの作用を増幅するための装置である。
右の黒い装置は録音装置である。


「動作原理」
音響装置の二つのマイクから来た音をそれぞれ増幅した後、二つの音を音声差動増幅部で引算する。その結果を再び第二音声増幅部で増幅して録音装置へ送り出す。もし霊界から何の作用もない場合はそれぞれのマイクから入って来たノイズ音は引算されて消えてしまう。しかし、一方のマイクに何らかの作用があった場合は第二音声増幅部分でその霊界からの作用の部分だけ拡大される。



「電子装置の説明」
マイクABには、同じ音源からホワイトノイズが入る。マイクAに入るホワイトノイズのみ霊界からの影響があり、霊界からの「声」としてマイクAに入る。それぞれを音声増幅した後に、差動増幅装置によって、それぞれの差を取ると霊界の声が残ることになる。それを再び音声増幅すれば霊界からの声を拡大して聞くことが出来る。




「1号機の問題点と改良の方法」

2つのマイクから入ったホワイトノイズを差動増幅装置で完全に打消すことは思った以上に困難なことであった。最後の段階までホワイトノイズが残り、霊界からの声を聞き取ることが難しかった。
改良点として、ホワイトノイズの代わりに超音波を使うことを考えた。その理由としては差動増幅装置で打消すことが比較的容易であること、装置が動作している間、エネルギー源としての超音波は人の耳には聞こえないため、静かに実験することができる。
更に、録音装置としては、特に録音される音の周波数帯域に注意する必要がある。現在は20Hz19KHzまでのものを使用しているが出来ればもっと高い周波数まで録音できるものが望ましい。人間の耳には聞こえなくても音声の周波数解析した時に変化を発見できる可能性がある。故に微細な変化を捕えるためにスペクトル解析も有効である。

2011/07/07

8. 霊界通信装置の開発 (2002 / 2 / 15)


(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)

「開発目的」
人格神の存在の証明により、宗教が統一される。
人間が永生することの証明により、人間の尊貴性が明確になり、科学者に真の責任感が生まれる。宗教と科学が統一される。

「開発の方法」
統一思想によれば、被造世界は無形実体世界と有形実体世界からできており、それらは主体と対象の関係になっている。そして、前者は霊的五感で感知することができるものである。また、神は人間を被造世界の媒介体として、和動の中心体として創造されたので、人間には本来、無形実体世界(霊界)を感知する能力が備わっている。
1 霊界からの作用を受けることが出きる装置(変換装置,Transducer)の開発。媒介となるものの研究が必要である。(電波、光、音、等)
2 人間の五感の能力を補助し高める装置の開発。
   現在の人間は堕落によって、本来の能力を失っていると思われる。動物や昆虫の中には人間には聞こえない音が聞こえたり、見えない光を見ることが出きたり、微弱な磁場を感知して自分の位置を認識するなど、優れた能力を持つものが多い。最先端の電子技術を用いて、人間の五感の能力を高めることは容易である。
以上の装置を開発することによって、霊界と何らかのコミュニケーションを取ることが出きると思う。

「従来までの方法」
電子装置による霊界通信はInstrumental Transcommunication, ITC として知られ、100年程前から世界各地で実験されている。この中でも霊界からの声の研究は Electronic Voice Phenomena ,EVP(電子音声現象)と言われ今日でも世界各地で実験されている。
霊界では音そのものを発生することは出来ないので、有形実体世界において音源となるものが必要だと言われている。昔は太鼓の音などが良いとされていたが、電子装置を使うようになり、ホワイトノイズが使われるようになった。ホワイトノイズとは放送局のないチャンネルを受信した時の「ザーザー」という音が代表的な例である。
代表的な霊界研究に関するホームページ。

従来までの方法の一例


一台のスピーカからホワイトノイズを発生させて、1mほど離れた所にマイクをおいて音を録音する。その状態にしておいて、霊界に話し掛けるのと霊界からの応答があり、霊界からの反応はスピーカから出るホワイトノイズを変調して、録音機のマイクに霊界からの声として入る。  
しかし、この方法はホワイトノイズによって、霊界からの声が歪みを受けるため大変聞き取り難 いものであり、聞取るために何度も繰返し聞かなければならない。この方法で霊界からの音声を受信したとされる音のサンプルをホームページで聞くことができる。

2011/06/27

7. 40日精誠条件期間      

(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)

帰国後私達は神様からのご指示通り、2000年3月9日から4月14日まで、40日間精誠条件を立てました。内容は、120分間の訓読祈祷と精誠献金でした。特に精誠献金については、神様から、「自分のお金がなくても、貢献として誰かが援助しても良い。」というみ言が添えられておりました。40日間の精誠条件を行う中に、私達はますます「霊界通信機は、何よりも神様と真のご父母様を証するものでなければならない。」という強い確信を持つようになりました。


「精誠祈祷の基台と献金」

40日の精誠祈祷と訓読、そして献金を通して感じたことは、神様と興進様と李相軒先生の手紙を毎日拝読しながら、これらの手紙が何ゆえに私に届いたのかということでした。 それは、霊界通信装置の開発が重要であることを誰よりもご存知であられる文総裁が、神様と霊界の協助が必要だと思われ、今回の手紙を特別に許可されたのだと思います。また、何が何でも装置を開発しようとしている私を見られて、「神村を助けよう。」と言って下さったのではないかと思います。確かに、霊界通信装置開発にとって、この手紙以上に力になるものは他にないと確信しています。 今日、世界中で霊界通信装置の開発が進んでいるという話を聞いています。しかし、この装置の開発の成功は、神様の本当のお姿を知らされている我々以外にあり得ないと思います。

そして、40日間(2000/3/6-4/14)の精誠条件を終えて、金英順女史を通して神様に報告していただきましたが、そのお答えは、 「おまえが信じることのできる12人を選んで、霊界通信機が完成するまで祈祷してもらいなさい。 そして献金は祈祷の基台12人に分けて上げなさい。 それを献金しても自分で使っても良い。」というものでした。


この精誠40日期間に出会ったみ言を紹介します。

「霊界通信装置に関するみ言」

私が彼らに「今では科学が先端に達しているために、霊界と接触できる周波数を研究しなさい」と言いました。霊界の作用は、すべて振動により作用するというのです。振動数を通じて霊界と連絡できる霊通人の振動数を発見し、霊界を科学的に証することができる時代に入っていくので、それを研究しなさいと言いました。霊界に対する内容をずーっと説明してあげると目が丸くなるというのです。それで昨日、心理学の作用が現象世界にどのように関係していて、霊界がどのように関係しているかということを話してあげたのです。心理学が絶対的な力の作用をするというのですが、何故そうでなければならないのかという問題においては、一面しか知らないというのです。 未知の霊界を学理的に皆が知ることができる時代に行けば、宗教時代はすべて終わるのです。人類は神様を信じるなと言っても神様を信じることができる時代になります。これを誰が研究するか。これが大きな課題なのです。 
マルスム選集134p227 「米国が生きる道」(1985.7.20


基台になる方は順調に決まり、精誠期間を出発しました。
その時に、基台の皆さんに送った文書を紹介します。


「祈祷のお願い」

このような過程を経て、金英順先生を通して、神様から、「霊界通信装置が完成するまで12名の人を選んで祈祷してもらうように」というご指示がありましたので、皆様に、霊界通信装置完成のための祈祷のお願いをすることに致しました。

復帰摂理が最終段階に差しかかった状況は、誰もが顕著にご存知のところであります。そして、この霊界通信装置も、我々統一食口の手で完成させなければならない時期に来ていると思います。この装置の開発に関しては、地上における技術的な難しさもあるかも知れませんが、それ以上に霊界との関係が重要な課題になると考えております。

「李相軒先生が霊界から送ったメッセージ」の第3巻153ページに、興進様から文総裁に送られたメッセージがあります。それは、「いま最も困難なことは地上人の協助です。こちらの組織はしっかりと準備されています。そしてこちらのグループは、地上の摂理に協助することの出来る対象(地上人)との実質的な関係を必要としています。しかし、その関係が容易には連結されません。そのことに関して李相軒先生は、文総裁の指示に従って進めていこうと言われるので、私は今待っているところです。」という内容であります。 この内容と、神様と興進様と李相軒先生からいただいたお手紙を読み合わせて見ますと、神様と興進様を総司令官とする霊界との関係こそ、この装置開発の成功の鍵であり、そのためには、天地交信への熱い心情と祈祷がそれを実現する要因だと確信しております。

「李相軒先生が霊界から送ったメッセージ」の第4巻の138ページを開いてみますと、李相軒先生の霊界からのメッセージが地上に送られてくる背景に、興進様と大母様と忠母様の精誠の基台と、地上にあっては、金英順先生の血のにじむような生活と祈祷があることが分かります。このことを通して、まだまだ霊界との関係がいかに困難なものかが伺えます。

皆様におかれましては、霊的には忠和研究所の一員であるという意識を持って装置完成のために真剣な祈祷の協助をお願い致します。 神様と真の御父母の栄光が顕れますように。

2000520日 忠和研究所所長 


2011/06/23

6. 神様と興進様と李相軒先生からの手紙

(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)


神様からの手紙 (1999.2.27)
神村へ
私の愛する息子よ!
私の愛する息子よ!
私の愛する息子よ!
万軍のエホバ、神様がお前に命ずる。
地上の真の父がお前に命じたことは、不可能なことを命じたのではなく可能であるので命じたことだから日本に帰って40日間祈祷せよ。神様が私に聖霊で臨ませてください。そして私の体を通して神様のみ旨を成してください、と祈祷せよ。
全人類は、死亡から新しい生命の救援の道に復帰されなければならないが、霊界が分からなければ、死亡の道から抜け出ることができないので、全人類の救援の道に対して大きな一つの 任務を全うできるよう最善を尽くせ。

40日精誠を捧げるときは 小さな価値の蕩減条件を立てよ。献金は自分個人のお金でなくとも良い。(公的なことなので他人が助けてくれても良いという意味)精誠を捧げるとき、神様が助けるからやってみなさい。先祖が助ける。 アーメン。

                                            万軍のエホバ 

.......................................................................................................................

文興進様からの手紙 (1999.2.27)
神村さんに申し上げます。
文総裁から特命を受けたので精誠を捧げたところに霊界が協助するでしょう。そして分からない世界(霊界)に対して研究されながら精誠を尽くしてください。神様が助けようとおしゃったので、霊界が協助せざるを得ないではないですか。 ご苦労をお願いします。この興進も協助します。
                                     総司令官 文興進
..............................................................................................

李相軒先生からの手紙 (1999.2.27)
神村さんへ
本当にご苦労様です。私は李相軒です。
科学と文明が高度に発達した現実の世界であったとしても、霊界は見えないが故に、今もってなお、遠い所にあるようだけれども、どのみち誰もが行かざるを得ない国であり、全人類の最も大きな課題が、すなわち霊界であるのに、これを解らずにいます。
神村さん、お願いします。
私は、多くのことを研究し分析し、地上に発表しましたが、皆がそれを実感できず熱心に読まないので、もっと胸が痛いのです。
本当にご苦労なされて良い作品ができることを願い、私たち皆が協助します。苦労と精誠が決して無駄にならないよう霊界が協助するでしょう。
相軒


5. 金英順先生を通じて


(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)

19991128日は、すでに約束していた鮮文大学の金英順先生にお会いしました。金先生は、李相軒先生の霊界からのメッセージを受けておられる方としてよくご存知のことと思います。

金英順先生との出会いは驚くべきものでした。

自己紹介が終わるやいなや、金先生は「尹博士(尹世元鮮文大学元総長)から頼まれて、私は3日間精誠を込めて祈りました。すると、神様と興進様と李相憲先生から神村さんに対するお手紙を頂きました。」と言われました。尹博士の通訳でその内容を聞きながら全身に感動が走りました。そして、金先生がこの3通のお手紙を受けられた時間が、私達が漢南洞公館の文総裁にお別れした時とほぼ同刻だったのです。

金先生は、「このように興進様からのお手紙を頂くのは珍しいことです。また、神様からも頂いたので本当に驚きました。」と言われました。金先生は、装置の実験を熱心に見ておられましたが、急に(霊界からの教示に耳を傾けるようにされて)「これは霊界の誰かにサイクルを合わせるのでなく、神様に直接合わせなさい。」と何度か強く言われました。

この教示を受けて、霊界通信機研究の目標が急激に高くなったことは言うまでもありません。
3通の手紙の内容は次回に掲載します。


2011/06/15

4. これまでの経過 「報告」


(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)
文総裁にご報告

1999118日、まだ装置による霊界交信の実績は出ていなかったのですが、「真の子女の日」に清平まで装置を運んで、国際会議の場で、文総裁ご夫妻と世界の指導者の方々に紹介させていただました。
特に、この時印象的な出来事がありました。装置の説明が始まると、韓夫人がお部屋から駆け出して来られて、熱心に装置の説明を聞かれたのです。霊界と交信できるならば、興進様、榮進様とお話ができるのではないか、と期待されていたのではないでしょうか。焦る思いでした。

大母様のご指導

2000223日、改良を加えて2号機を、2号機を改良して感度の高い3号機を完成して、御聖誕日に夫婦で清平へ行きました。実験の結果は期待したものではなかったのですが、大母様に直接ご指導していただくことが出来ました。その時の大母様のお話次の通りです。
① 実験にふさわしい時間は午後11時から午前2時が良い。
② 静かな場所で実験するのが良いが、今の清平はそのような場所はない。
     適当な場所を探しな さい。善霊も多くなったがまだ悪霊も多く、悪霊は大変強い
     恨みを持っていて通信を妨げている。
③ (霊界が直接見える人と共同で開発したい、という私の提案に対して)  
     今は、一人で精誠を尽くしてやりなさい。
④ 霊界では、神村さんが実験をしているのは知っているが、その (装置の) 音響箱には
     霊界の声を集めるパワーがない。技術的にも霊的にもまだ改良する必要がある。
⑤ ここまで準備したので勇気を持って文総裁の所へ行き、今後の実験の方法を聞きなさい。
⑥ (興進様が主管される地上交信のための研究者はいるかという質問に対して)
     今はまだいない。そういう霊人を選んで準備しなければならない。

漢南洞公館へ  
19991127日、「勇気を持って御父母様のところへ行きなさい。」という大母様のみ言に押し出されるようにして漢南洞公館へ向かいました。
お父様からは次のようなみ言をいただきました。
 「劉先生から聞いているよ。まだ雑音しか聞こえないと言うじゃないの。君の方が専門なんだから先生に聞く必要はないじゃないの。」と言われながら、大母様からのみ言をご報告すると、「大母様の言う通りだね。」と頷きながら聞いて下さり、「今はあまり宣伝しないでやるんだね。日本で君をバックアップする体制を組んでやるように。大衆に公認される者になるように。1回、2回やって倒れたらおしまいだ。1年、10年とやる。先生も40年の摂理の道があるんだよ。」と言われました。

◎ 漢南洞公館を後にしたのが、27日午後8:00頃でしたが、翌日、この時間の大変重要な意味を知ることになります。

3. これまでの経過 「開発、動機の確立」


(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)
研究開発へ

19991010日から実験をしなければならないという思いが強まり、8月下旬、関連した本を数冊読んだ時、そのうちの一冊からヒントを得て、装置のための電子回路を設計して組立てました。私は鉛筆を取って簡単な絵を書き始めました。すると、どんどん考えがまとまり、一時間も経たないうちに、簡単な図面が出来上がりました。翌日に木工の専門家に図面を出して、その日の内に加工しました。 組立てている間に何度も不安になり、「本当に出来るのか?」、 そう思うと全身から力が抜けるように感じました。 そして、完成度としては充分ではなかったですが、1010日から装置を自宅に持ち帰り、夜の12時前後に私ども夫婦で実験を開始しました。 毎日実験をする中で多くの事を学びました。



動機の確立

実験の結果は予想したものではなかったのでしたが、明らかに自分の祈祷の変化があり、「これは何かある。」という強い実感を得ました。祈祷と研究を続けるうちに、「霊界通信の成功は、ただ単に霊界の存在を証明することではない。霊界の存在目的を明確にし、ひいては神様の創造目的を明らかにすることである。そして、神様の本当の事情と心情を明らかにすることではないか。」と強く感じるようになりました。
今日、科学の発展に伴って、創造の神様の存在を否定できなくなっています。しかし、そうであればあるほど人間の心の中には大きな矛盾が広がっているのではないでしょうか。それは、「何故、人間社会には悲しみや苦しみがあるのか。それに対して神がいるなら、どうして救わないのか。」という疑問です。この疑問に、宗教も科学も答えることができません。この疑問に答えられるのは文総裁だけです。この疑問に答えてこそ神様の存在が明らかになり、神様も、「私はここにいるよ。」ということになると思います。人間の側からも「神様が存在する。」ということが分かるでしょう。また、神様の事情と心情が明らかにされない以上、神様の威信を表わすことはできない、という強い思いが湧いてきました。
しかしそのために何故、電子装置が役に立つのだろうか疑問に思いました。その疑問に、「今の人間は誰の言うことも聞かない。また昔のような奇蹟も信じない。しかし、ただ一つ彼らが信じるものがあるとすれば、それは装置だ。彼らは人間より機械を信じている。特に機械の中でも電子装置が、今の人間にとっては神様の立場にある。」という思いがしました。「神様が奇蹟を起こして、目の前の大石を割っても、彼らは何も驚かないだろう。しかし、何か適当な装置があって、その装置を通して何か連続して現象が起きれば、彼らは真剣になって、その原因を追求するだろう。」と思いました。

2. これまでの経過 「ご指示から決意まで」


(Archiveに添って古い投稿からお読み下さい。)

文総裁のご指示

1993年頃からと記憶しておりますが、 「霊界感知装置を開発するように」というご指示を受けるようになりました。「なぜ、霊界通信機を開発するように言われたのか、果たしてそのような技術が可能なのか」という疑問と葛藤があり、私は長い間この問題を考えてきました。


文総裁との対話

1996年、ウルグアイ・プンタデルエステの海岸で、文総裁に、「霊界は人の心が感じるもので、装置の開発は出来ないのではないでしょうか?」と聞きました。その時、文総裁は、はっきりと「装置として出来る。永久機関もできる」と言われました。


決意

19998月、このような経過の中で、霊界通信機のために祈祷をすると、私の心に、「とにかくやれ!おまえがやらなくて誰がやるのか!我々の苦労に比べればおまえの苦労など問題ではない!その装置を操作するのは霊界にいる我々である。時がない!早くやれ!」という思いが強く響いてくるのが分かりました。


2011/06/14

1. 研究所の命名


2000年4月25日 午後11時、「忠和研究所」と命名されました。

  第46回創立記念日の記念礼拝のあと、劉総会長から公式に発表があり、文総裁が直筆で書いて下さった色紙を授与した。その席で劉総会長は名前の意味について、「忠という字は中心ということです。神様と文総裁ご夫妻を中心として、天地が和合するための伝達の装置です。」と語られ、「昨年(1999年)文総裁は、霊界に放送局ができたと語られました。今日まで電波を通して声を聞くということや映像を見るということもが最初とても難しかったのです。文総裁のみ言を受けて、霊界通信装置の開発に対して熱心に研究してきたのが神村さんです。」と語られた。

特筆すべきことは、命名された日付が旧暦でも記されていることです。霊界は旧暦を中心として動いているとお聞きしたことがありますが、そのことと深い関係があるのではないかと思います。





※ 2000/9/9 に、忠和研究所の研究室を埼玉県さいたま市与野本町に設立しました。